↑TOP↑
職人紹介







































 
 
  当会についてのご説明

  流祖・柳生石舟斎宗厳より但馬守宗矩へと
 伝わり以後、江戸柳生として今日に至るまで脈
 々と受け継がれてきた柳生新陰流について御紹
 介致します。徳川幕府時代、歴代の将軍家指南
 役を務めその剣は戦国の世にありながらも人を
 殺す剣にあらず人を活かす即ち活人の剣の精神
 を持ちつづけ400年の時を経た今も大和の地
 に伝わっております。初代・柳生但馬守宗矩公
 からはじまり現在では現宗家・植木康行氏が
 江戸柳生新陰流の教えを次代へと残すべく、
 門下一同工夫研鑚を重ねております。当派の剣
 は、動物の戦う姿や鳥の飛び立つ姿、山や川や
 海など大自然の原理兵法に工夫を凝らした剣で
 ありその時々に王寺、大きく小さく、強く弱く
 、早くゆっくり、そして陰に陽にとそれは流れ
 に逆らうことのない剣であり、即ち敵の動きを
 待って弱みへ先をて陰に陽にとそれは流れに逆
 らうことのない剣であり、即ち敵の動きを待っ
 て弱みへ先を取る、伸び伸びと和らかに敵の動
 きを受けて勝つのが心持となる、後の先を勝ち
 を旨をした剣であります。又、単に剣技の上達
 のみを旨とせず、更に深く人間の心身を鍛練し
 人格の完成をも目指すことをあわせて体系とし
 ており、これは新陰流の開祖・上泉伊勢守信綱
 の教えを守り続けているものであります。


大和柳生新陰流
大日本大和柳生会
柳生新陰流兵法居合道
第十六代宗家

植木 康行

YASUYUKI UEKI
初 伝
一本目  正面跳ね一文字正面一本
二本目  左跳ね一文字左一本
三本目  右跳ね一文字右一本
四本目  後ろ跳ね一文字後一本
五本目  受け流し
六本目  右施左傳
七本目  左施右傳
中 傳(裏表・実戦)
一本目  水  月
二本目  山  陰 
三本目  浦  波
四本目  浮  舟
五本目  月  影
中傳奥(裏表・実戦)
一本目  右施左傳
二本目  神妙剣
三本目  村  雲
四本目  八重垣
五本目  稲  妻
六本目  残  月
奥 傳(裏表・実戦)
一本目  雲  龍
二本目  逆  風
三本目  必  勝
四本目  忍  び
五本目  大詰小詰
六本目  半開半向
七本目  長短一味
 傳(兵法)
一本目  一刀両断
二本目  斬釘截鉄
三本目  十太刀
四本目  和 卜
五本目  睫 経
六本目  智羅天
七本目  添截乱截
八本目  無二剣
九本目  活人刀
十本目  高林坊
十一本目  風眠坊
十二本目  太郎坊
十三本目  栄意坊
十四本目  火乱坊
十五本目  修徳坊
十六本目  金比羅坊

Copyright(C) 2010 大日本大和柳生会 All Rights Reserved.